肌 肌は美しさと若さの象徴です。白くて張りのある美しい肌へ。肌 肌は美しさと若さの象徴です。白くて張りのある美しい肌へ。

自己線維芽細胞注入療法自己線維芽細胞注入療法

自分自身の肌細胞から、膠原線維コラーゲンや弾性線維エラスチンなどの弾力線維組織を産生する線維芽細胞のごく一部を取り出し、その細胞をバイオテクノロジーによって培養させ、再び体内に注入移植することでアンチエイジングを促す治療法をいいます。
自らの細胞を使うため副作用もほとんどなく、また治療部位への親和性も高いため、理想的なアンチエイジング治療としていま注目を浴びています。


このページの先頭へ戻る

フォトフェイシャル(IPL)フォトフェイシャル(IPL)

フォトフェイシャルはIPLという光を照射しコラーゲンの生成を活性化して、しみ・そばかす・肌のくすみ・しわ・にきび・赤ら顔・毛穴・肝斑など、肌の悩みを総合的にケア出来る美肌治療法です。フォトフェイシャルは、IPL(Intense Pulsed Light)という光を照射し光が肌の色素(メラニン・ヘモグロビン)に反応し、しみや毛細血管拡張を改善させ、さらに真皮まで到達した光は肌にはりを持たせるコラーゲンの生成を活性化します。施術時間も短く肌へのダメージも少ないので、終わってすぐに洗顔やメイクをすることができるのも特徴です。当院では、施術後にヒアルロン酸・ビタミンCパックをおつけしています。

このページの先頭へ戻る

にきび治療(内服)にきび治療(内服)

にきびは、顔・背中などに多く存在する脂腺性毛包が炎症を起こすことにより発生する皮膚疾患です。ストレスや食生活、ホルモンバランスなどで、皮膚の代謝が悪くなり、古い角質が皮膚に滞ったままになると毛穴が詰まり、そこに皮脂が溜まり炎症を起こし、にきびが発生します。重度のにきびを放置しておくと、にきびが瘢痕化してにきび痕が残ることもあります。早期に治療を行うことで改善させることができます。炎症を抑え殺菌作用のある抗生物質の内服をお勧めします。

このページの先頭へ戻る

にきび治療(塗り薬)にきび治療(塗り薬)

にきびは、顔・背中などに多く存在する脂腺性毛包が炎症を起こすことにより発生する皮膚疾患です。ストレスや食生活、ホルモンバランスなどで、皮膚の代謝が悪くなり、古い角質が皮膚に滞ったままになると毛穴が詰まり、そこに皮脂が溜まり炎症を起こし、にきびが発生します。重度のにきびを放置しておくと、にきびが瘢痕化してにきび痕が残ることもあります。早期に治療を行うことで改善させることができます。抗生物質などの殺菌効果のある塗り薬を処方します。内服と併用するとさらに早い効果が期待できます。

このページの先頭へ戻る

しみ内服しみ内服

シミ・そばかす・肝斑の種類は様々で、生れた時からある(先天性)しみ、紫外線など後から出来た(後天性)しみがあります。長期間の歳月が経過してしまうことで、しみやそばかすを形成しているメラニン色素は皮膚の深いところまで落ち込んでしまい、取れにくくしてしまいます。メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善に効果があり、美白効果を高める内服をお勧めします。当院では、メラニンの生成を抑制するリカバリンと、メラニン色素を還元促進し美肌効果のあるシナールを処方しております。

このページの先頭へ戻る

ケミカルピーリングケミカルピーリング

肌表面に蓄積された古い角質は、にきび、くすみや肌あれ、シミや小ジワなど様々な肌トラブルの原因になります。ピーリングは、厚く積み重なった古い角質や汚れを取り除き、ターンオーバーを整え、みずみずしい肌へと導く治療です。
当院ではグリコール酸によるケミカルピーリングを行っており、角栓(コメド)の生成を抑える効果が強い特徴があります。また、従来のサリチル酸のピーリングに比べ、安全に、かつ効果的に行うことができます。数週間に1度、5~6回程度続けていただくと、高い美肌効果が期待できます。顔だけでなく、背中のニキビやニキビ跡にも有効です。

このページの先頭へ戻る

ビタミンB内服ビタミンB内服

ビタミンB群はお互いに助け合って機能し、エネルギーの運搬や老廃物の排出、つまり代謝に関する働きに欠かせないと言われています。様々な代謝をスムーズにし、皮膚や粘膜を健康に保ち、肌荒れ、ニキビを防ぎます。
当院ではB1、B2、B6、B12を含む総合ビタミンB配合錠であるノイロビタン錠を処方しております。

このページの先頭へ戻る

ビタミンC内服ビタミンC内服

しみ・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑え、しみ・そばかすの色素沈着を緩和し、体内中の活性酸素を消去して老化を予防します。
またニキビの炎症による色素沈着を抑制する効果もあります。
当院ではメラニン色素を還元促進し美肌効果のあるシナールを処方しております。

このページの先頭へ戻る