麻酔について麻酔について

豊胸手術における麻酔には大きく分けて3つの方法があります。

1.局所麻酔

手術をする胸に直接麻酔を注射する方法です。もっとも簡単な方法ですが、手術範囲が大きな豊胸手術には適しません。麻酔が十分に効かず痛かったりすることがあります。だからと言って多量の麻酔を注射すると中毒症状を起こしてしまうのです。

2.硬膜外麻酔

背骨のところに注射する麻酔です。盲腸などの手術で使う腰椎麻酔とは薬を入れる深さが違うため、腰椎麻酔よりも安全とされています。ただこの麻酔は意識がしっかりとあるため手術中に触られている感覚や、音や声がはっきり聞こえます。精神的に強い人であれば大丈夫なのですが、ほとんどの方が手術中怖がられます。ですから大概の場合、点滴で少し「ぼーっ」とするお薬を入れるのです。この麻酔のいいところは手術中自分で胸を確認できるという点にあります。しかし実際に確認ができるのでしょうか?ほとんどできないのが現状です。想像してみてください、手術室で手術されている最中に自分の胸を見る勇気がありますか?ほとんどの患者さんは見ることができず、「もういいです」と言われます。見ようとする患者さんもいらっしゃいますが、前にも書いたように「ぼーっ」とする薬が入っているため実際しっかりとした判断はできないのです。

3.全身麻酔

麻酔ガスを口から吸う麻酔です。完全に寝てしまうので手術中は意識もなく、痛みも全く感じません。全身麻酔は怖いと皆さん思われていると思います。ではどのような麻酔が安全なのでしょう?手術をお受けになる患者さまにとっては、全身麻酔は「大きな」麻酔なので危険性が高いと思っておられる方が多いと思います。しかし外科医の立場から「安全」とは「管理のしやすい」麻酔であると考えています。手術の種類、時間によって管理のしやすさは異なります。豊胸手術において局所麻酔、硬膜外麻酔は一旦薬を体内に注入してしまうと肝臓や腎臓で分解され尿として体外に出てしまうまで麻酔を覚ますことができないのです。分かりやすく言えば一旦薬を入れると覚ますのは時間を待つしかないのです。ガスによる全身麻酔は吐く息から麻酔が出てきますから、早く呼吸をさせれば、早く覚ますことができるのです。ですから全身麻酔はコントロールがつきやすく硬膜外や局所麻酔に比べ比較的安全であると考えています。しかし種類や時間の異なるホクロの手術などの5分程度で終わるものに全身麻酔を行うのは言語道断です。
ふくとみクリニックではコントロールのしやすさと、患者さまの精神的な負担等を考え、豊胸手術の麻酔は基本的に全身麻酔で行っております。

このページの先頭へ戻る