Wバッグ豊胸術<マンマ・リアル>Wバッグ豊胸術<マンマ・リアル>

3,000症例を手がけた豊胸のふくとみドクターがたどり着いた最高の豊胸術!

豊胸術のさまざまな問題点を診てきた結果、過去の手術方法における「常識のウソ」を見出し、新たな着眼点によって今までの豊胸術の問題点である「カプセル拘縮」(胸が硬くなる症状)や「リップリング」(バックが触れる、表面が波打つなどの症状)の改善法を確立しました。その着眼点とは、表面の素材の違う2つのバッグの特性なのです。

バッグには表面のコーティングの違いから、スムースタイプとテクスチャータイプの2種類が存在します。

  • スムースタイプ→昔から使われており、表面がツルツルしているバック
  • テクスチャータイプ→現在主流として使われている、表面がザラザラしているバッグ

テクスチャータイプはカプセル拘縮を予防するために開発された新しいバッグです。カプセル拘縮の可能性はスムースタイプと比べ非常に少ないです。表面がコーティングされているため、バッグの性質上スムースタイプよりバッグそのものが硬く、リップリングも多くおこる結果となってしまったのです。Wバッグ豊胸術・「マンマ・リアル!」はこの相反したデメリットをそれぞれのバッグのメリットで補う方法なのです。

具体的には、手術を2回行います。
まず一回目の手術でやや大きめのテクスチャータイプのバッグを使用し、カプセル拘縮を予防します。カプセル拘縮の危険性がなくなった時点で2回目の手術を行い、テクスチャーバッグと比べて、より感触が柔らかいスムースタイプのバッグに入れ替えます。またこの時カプセル拘縮解除も同時に行います。この手術を行うことにより現在の医療において最も柔らかなナチュラルバストが実現可能になりました。

カプセル拘縮 柔らかさ しなやかさ リップリング ハリ感
スムースバッグ × ×
テクスチャーバッグ(通常法)
Wバッグ・「マンマ・リアル!」

Wバッグ豊胸術「マンマ・リアル!」とは

このページの先頭へ戻る