クリニックの理念クリニックの理念 美容外科は「心療外科」である。

美容外科は「心療外科」。 つまり心をメスで治すこと。

本来、人間はその存在すべてが美しいものです。
自分の容姿に自信がない、自分のこの部分が嫌だ、と思っている方はある意味ですでに「心が病んでいる」状態なのです。
もちろんご本人はそう思ってはいないでしょう。
でも自分のことが100%好きになれないと、そのことで自分らしさを失っていくということにつながっていきます。
私はそういう人たちをたくさん見てきました。
そしてまたそうした方々に施術を行うことでみるみるうちに自分に自信を取り戻し、
本当の自分らしさを見つけていく方々もたくさん見てきました。
つまり私は、胸や目や鼻などを手術することでその人の病んだ心を治したのだ、と確信したのです。

もともとは小児科の外科医としてスタートした僕はある理由から美容外科の道に入りました。
そして指導医として1万例の症例を経験し、最も難しいとされる豊胸手術を3,000件も行ってきました。
こうした経験から多くの事が見えてきました。
女性たちの「きれいになりたい」という純粋な気持ちとその心の奥に眠る自分でも気がつかない本当の感情。
また、利益優先の体質や貧しい技術力など美容整形という世界の歪みや嘘も見えてきました。
僕自身も悩みました。このまま美容外科医を続けていいのだろうか?

極論を言えば、この世界に美容整形などなくなれば良いと思っています。
けれども…もし仮に美容整形というものがなくなったとしても容姿や美容に悩みを持っている女性はなくならない。
いろんな矛盾が取り巻く世界ではあるけれど、もし自分にできることがあるのなら少しでも役に立ちたい。
心の底から「自分が好き」と言える女性たちが少しでも増えるように
すべての女性たちが明るく前向きに自信をもって生きていけるように
ふくとみクリニックはそのお手伝いをしていきたい、と考えています。

ふくとみクリニック 院長 福富康夫

欠けた心、本当の自分を取り戻すための 医療をめざして ミッシングハート(失われた心)を ふくとみクリニックの ロゴマークにしました。

このページの先頭へ戻る