豊胸なら大阪にある「ふくとみクリニック」

豊胸なら大阪にある「ふくとみクリニック」

なるほどスッキリQ&A 悩み解消
  • トップページ
  • 診療科目
  • 料金一覧
  • 術前・術後写真
  • キャンペーン
  • アクセス
  • よくある質問とその答え
トップページ > 診療科目 > 二重・目もと > 二重まぶた 眼瞼下垂 挙筋短縮術
ふくとみクリニック「診療科目」

二重・目もと

二重まぶた 眼瞼下垂 挙筋短縮術

眠そうな目を、大きく元気な目に!

まぶたが下がって、ものが見にくくなる状態や、目が眠たそうに見えてしまう状態を 「眼瞼下垂(がんけんかすい)」といいます。 眼瞼下垂が肩こりや頭痛の原因となっている事も多く、治療を行うと肩こりや頭痛が軽快する事があります。

眼瞼下垂の原因

1. 先天性眼瞼下垂
生まれつきまぶたを開く力が弱い方です。黒目がかくれて、物がはっきり見えないため
視力が落ちる事があるので、子供の時に手術が必要な場合もあります。
2.老人性眼瞼下垂
老化によってまぶたのタルミが大きくなり、目を開ける筋肉も弱くなってきます。
このため目の見開きが小さくなります。
3. コンタクトレンズ性眼瞼下垂
コンタクトレンズを長期間使用すると、まぶたと筋肉の間にずれが生じることによって、
まぶたを開ける力が弱くなり眼瞼下垂になることがあります。
4. 内科的疾患
「重症筋無力症」や「外眼筋ミオパチー」などの内科的疾患で眼瞼下垂が起こります。
この場合は原因疾患の治療(内科的治療)が必要になります。

まぶたの皮膚を切開して眼瞼挙筋を引き出し、挙筋を短縮させる事によってまぶたを持ち上げる力を強くします。同時に二重まぶたにする事が可能です。

施術の流れ

1. カウンセリング
貴女の希望をお聞きし、診察を行った後、貴女に合った施術方法を提案いたします。
2.施術
正確なデザインを行い、瞼を消毒します。
次に点眼麻酔を行った後、瞼の表と裏に局所麻酔を行います。
まず瞼に約2cmの切開を加えます。そこから挙筋を引き出し、挙筋の一部分を切除し短縮します。十分に効果が認められることを確認し、切開した部分を糸で縫合します。
3. 手術後
15分間、手術部位を冷やします。薬などの術後説明後、帰宅していただけます。
4. アフターケア
7日後に抜糸を行います。抜糸までは顔を拭く程度にとどめ、洗顔は行えません。
抜糸後は洗顔およびアイメイクは可能です。腫れに関しては約1カ月で落ち着きます。
1ヶ月後および3ヶ月後に状態を確認いたしますので検診を受けていただきます。

ページの先頭に戻る↑

料金(税込) \420,000
手術時間 60分
麻酔方法 局所麻酔
抜糸 7日後
圧迫固定 なし
入院の有無 不要
通院目安 抜糸日・1ヵ月後・3ヵ月後
カウンセリング当日の治療
回復までの期間 1カ月程度
アイメイク・コンタクト 1週間
仕事・外出
シャワー
入浴 抜糸後から可能
飲酒 1週間は控えたほうが良い

ページの先頭に戻る↑