豊胸なら大阪にある「ふくとみクリニック」

豊胸なら大阪にある「ふくとみクリニック」

なるほどスッキリQ&A 悩み解消
  • トップページ
  • 診療科目
  • 料金一覧
  • 術前・術後写真
  • キャンペーン
  • アクセス
  • よくある質問とその答え
トップページ > 診療科目 > 脂肪吸引
ふくとみクリニック「診療科目」

脂肪吸引

ふくとみクリニックの脂肪吸引

@症例数5000例の実績

指導医として5000例の脂肪吸引の経験を持つ。この経験に裏付けされたノウハウと技術により安心して脂肪吸引を受けていただけます。

A50種類の吸引管を使用(国内最多本数)

どんなボディラインにも対応できる直径1.2o〜3.5o、長さ15cm〜40pの 全50種類のカニューレ(吸引管)を使用し、細部にわたってデザインが可能です。

B最少の傷口で手術が可能

ひざ上などの目立つ部分には傷を作りません。50種類の吸引管を用いることによって 半身全体の手術において5~6個の目立たない部分の傷で手術が可能になりました。(傷口に関しては各部位参照してください)

C脂肪吸引はラインを出す手術

「脂肪吸引はラインを出す手術である。」との理念のもと手術を行っています。「脂肪を取りさえすればよい。」と、デザインも考えず行う脂肪吸引とは異なります。どこを取るかより、どこを残すかのほうが重要なのです。

Dダイエット外来も併設

脂肪吸引した所だけではなく、身体全体を美しくコーディネートするために日本で唯一のダイエット外来も併設しています。

部位別の脂肪吸引

頬 顎 上腹部 下腹部 ウエスト 二の腕 二の腕 腰部 太もも前面 内もも 内ひざ ふくらはぎ 太もも後側面 ヒップ

ページの先頭に戻る↑

麻酔について

脂肪吸引の手術における麻酔には大きく分けて3つの方法があります。
この3つの中から最も適した麻酔方法を選択します。

@ 局所麻酔

手術をする部位に直接麻酔を注射する方法です。もっとも簡単な方法ですが、手術範囲が大きな手術には適しません。

A 硬膜外麻酔

背骨のところに注射する麻酔です。盲腸などの手術で使う腰椎麻酔とは、薬を入れる深さが違うため、腰椎麻酔よりも安全とされています。ただこの麻酔は意識がしっかりとあるため手術中に触られている感覚や、音や声が聞こえたりします。怖がられる方には点滴で少し「ぼーっ」とするお薬を使います。そうすれば、うとうとしている間に手術が終わってしまいます。

B 全身麻酔

患者様の希望された場合にのみ行います。 全身麻酔とは麻酔ガスを口から吸う麻酔です。完全に寝てしまうので手術中は意識もなく、痛みも全く感じません。しかし頬やあごなどの取る脂肪量が少ない手術に全身麻酔を行うのはお勧めできません。

部位 麻酔   部位 麻酔
局所麻酔   腰部 硬膜外麻酔
あご 局所麻酔   太もも前面 硬膜外麻酔
二の腕 局所麻酔   内もも 硬膜外麻酔
上腹部 硬膜外麻酔   内ひざ 硬膜外麻酔
下腹部 硬膜外麻酔   太もも後側面 硬膜外麻酔
ウエスト 硬膜外麻酔   ヒップ 硬膜外麻酔
    ふくらはぎ 硬膜外麻酔

※希望によって全身麻酔での手術も行っております。

ページの先頭に戻る↑

施術の流れ

カウンセリング
まず来院していただき、貴女の希望、悩みなどをお聞きし、診察を行います。
その上で貴女に合った治療方法をご提案し、それぞれの治療方法についての詳しい説明をいたします。治療方法や個人の悩みによって、それぞれのカウンセリング時間は異なります。十分な説明を行うには思った以上の時間がかかる場合があるため、カウンセリングには、お時間の余裕を持ってお越しください。
施術前
手術前検査:手術、麻酔のため以下のような術前検査が必要となります。

a.血液検査

採血を行い、貧血等の血液関係の異常がないか、肝臓、腎臓、出血が 止まりにくくはないか、B型肝炎、C型肝炎、エイズ、糖尿病などの検査を行います。

b.血圧

高血圧や低血圧ではないかを検査します。

※頬・あご・二の腕に関してはこれらの検査は基本的に必要ありません。
※全身麻酔をご希望の方は上記の検査に加え、胸部レントゲン、心電図の検査を行います。

  これらの検査結果が出るには通常3〜4日かかります。ですから手術の約1週間前までに、これらの検査を行っていただきます。ただしこれらの検査結果の有効期限は1カ月とさせていただきます。つまり検査と手術の間が1カ月以上空いた場合はもう一度検査を行っていただきます。人間の健康状態は1カ月もすると状態が変わってしまう可能性があるためです。
 これらの検査結果を考慮し、当院が手術不可能と判断した場合は、申し訳ありませんが手術を行うことはできません。「美容外科」は「医療」であり、健康を害してまで行うものではないと考えています。ですから、治るようなものであればそれらの病気を治してから美容外科の治療を行いましょう。もし治らないものであれば、美容外科の治療を諦める勇気が必要です。
手術前日および当日
手術前日は緊張すると思いますが、十分な睡眠を取ってください。また前日の夕食は午後9時までに終わらせてください。水分に関しては手術当日の朝は、午前8時までは飲んでいただいて結構です。
手術当日、クリニックには時間に余裕を持ってお越しください。スタッフ一同あたたかくお迎えいたします。
受付を終了したのち、手術患者様専用の個室に移動していただきます。このお部屋は患者さまがお家に帰られるまで「貴女専用」のお部屋となります。お部屋で手術着に着替えていただいた後、手術室に移動します。
施術

手術準備

再度健康状態などの問診を行い、点滴を入れます。これは薬などを入れるために使用します。
血圧計、血中酸素濃度計などのモニター類を取りつけます。

麻酔

局所麻酔は消毒が終わった後に直接脂肪吸引を行う部位に行います。
硬膜外麻酔は背中の所に注射します。注射なので多少の「痛み」があります。
硬膜外麻酔が終われば手術を行う場所の感覚がなくなり、痛みを感じなくなります。ただし意識ははっきりしています。
手術中、怖いと言われる患者さまには希望により、少しボーっとするお薬を使用いたします。
全身麻酔は点滴から眠くなるお薬を入れ患者さまが完全に寝てしまってからガスによる麻酔を行います。ですから「痛い」といったようなことはありません。

手術

手術を行う場所を丁寧に消毒した後、手術を開始します。カニューレと言われる吸引管を入れる場所に5oの穴を開けます。この穴に傷口を保護するためのプロテクターを付けて手術を行います。丁寧に脂肪吸引を行い、トータル的なバランスを最終確認し傷口を皮膚の内側で縫い合わせます。皮膚の内側で縫い合わせるので抜糸の必要はなく傷もきれいです。これで手術は終了です。圧迫固定を行った後、個室に移動いたします。

手術後

出血がなく、歩けるようになり、トイレにも行ける状態になりましたら、水分を取っていただけます。当日は消化のよいものを食べるようにしてください。医師が問題ないと判断した時点で退院となります。

検診

基本的には手術後7日目に圧迫除去を行います、その後特に問題なければ1カ月後、3カ月後と検診に来ていただきます。検診は面倒くさいとお思いになるとは思いますが、「医療」の見地からしっかりと検診に来ていただきます。これは患者さまが「大丈夫」と思うのとドクターが「大丈夫」と思う事のずれがあるからです。医学的にしっかりと観察し指導を行います。一生のことを数カ月の我慢で台無しにしないよう、検診には頑張ってお越しください。

脂肪吸引は女性にとっては憧れの手術だと思います。しかし脂肪吸引はれっきとした手術であり、ある程度のリスクも背負うわけです。そのリスクをよく理解、納得した上で手術を受けて下さい。そうすれば貴女は明るく自信を持って人生を歩むことができるはずです。一人で悩まず、まず勇気を出してカウンセリングにお越しください、私と真剣にお話ししましょう。手術する、しないは別として、きっと貴女にとって明るい光が見えてくるはずです。ふくとみクリニックは「美容外科」は「医療」であり「心療外科」である理念とし、スタッフ全員で貴女の悩みと向き合います。

ページの先頭に戻る↑

メソセラピー
脂肪を溶解する薬を、気になる部分の脂肪細胞に直接注射します。
通常のダイエットでは改善されにくいセルライトにも、とても効果があり
部分的な凹凸の解消し、理想的なボディラインに整えます。
通常5〜7回で効果を得る事が出来ます。

ページの先頭に戻る↑