豊胸なら大阪にある「ふくとみクリニック」

豊胸なら大阪にある「ふくとみクリニック」

  • トップページ
  • 診療科目
  • 料金一覧
  • 術前・術後写真
  • キャンペーン
  • アクセス
  • よくある質問とその答え
ふくとみクリニック「診療科目」

肌

フォトフェイシャル(IPL)
フォトフェイシャルはIPLという光を照射しコラーゲンの生成を活性化して、しみ・そばかす・肌のくすみ・しわ・にきび・赤ら顔・毛穴・肝斑など、肌の悩みを総合的にケア出来る美肌治療法です。 フォトフェイシャルは、IPL(Intense Pulsed Light)という光を照射し光が肌の色素(メラニン・ヘモグロビン)に反応し、しみや毛細血管拡張を改善させ、さらに真皮まで到達した光は肌にはりを持たせるコラーゲンの生成を活性化します。 レーザーは、シミだけ、ソバカスだけ、血管拡張だけというように個々の症状のみを治す専門的治療法ですが、 フォトフェイシャルは、しみ・そばかす・肌のくすみ・しわ・にきび・赤ら顔・毛穴・肝斑など、肌の悩みを 総合的にケア出来る総合的美肌治療法です。
ページの先頭に戻る↑
サーマクール(顔全体)
サーマクールは、従来の照射治療と比べ、はるかに強いエネルギーを持った高周波を照射します。皮膚には全くダメージを与えず、これまで届かなかった肌の奥に熱エネルギーを与え、引き締め効果や、引き上げ効果があり、シワや、たるみに即効性のある美肌治療です。
ページの先頭に戻る↑
にきび治療(内服)
にきびは、顔・背中などに多く存在する脂腺性毛包が炎症を起こすことにより発生する皮膚疾患です。ストレスや食生活、ホルモンバランスなどで、皮膚の代謝が悪くなり、古い角質が皮膚に滞ったままになると毛穴が詰まり、そこに皮脂が溜まり炎症を起こし、にきびが発生します。重度のにきびを放置しておくと、にきびが瘢痕化してにきび痕が残ることもあります。早期に治療を行うことで改善させることができます。炎症を抑え殺菌作用のある抗生物質の内服をお勧めします。
ページの先頭に戻る↑
にきび治療(塗り薬)
にきびは、顔・背中などに多く存在する脂腺性毛包が炎症を起こすことにより発生する皮膚疾患です。ストレスや食生活、ホルモンバランスなどで、皮膚の代謝が悪くなり、古い角質が皮膚に滞ったままになると毛穴が詰まり、そこに皮脂が溜まり炎症を起こし、にきびが発生します。重度のにきびを放置しておくと、にきびが瘢痕化してにきび痕が残ることもあります。早期に治療を行うことで改善させることができます。抗生物質などの殺菌効果のある塗り薬を処方します。内服と併用するとさらに早い効果が期待できます。
ページの先頭に戻る↑
しみ内服
シミ・そばかす・肝斑の種類は様々で、生れた時からある(先天性)しみ、紫外線など後から出来た(後天性)しみがあります。長期間の歳月が経過してしまうことで、しみやそばかすを形成しているメラニン色素は皮膚の深いところまで落ち込んでしまい、取れにくくしてしまいます。メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善に効果があり、美白効果を高める内服をお勧めします。
ページの先頭に戻る↑